※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドロレス=エルネスティーヌ=ド=アンブロシア


年齢:54歳
性別:女
搭乗機体:絶海城
ICV:戸田恵子

縮めるとドロレス・アンブロシア。
各地を渡り歩き、武器や兵器を売る女武器商人。
莫大な財産と、地球・プラントを問わず広範囲に及ぶ
コネクションを駆使して、地球圏全体に広大なマーケットを持っている。
かつて同盟軍と独裁軍との戦争時代にも暗躍しており、
両軍に兵器を売る事で成功し、巨万の富を得た。
また、武器の売買だけではなく、数多くの裏稼業に精通し、
彼らの斡旋、仲介業も行っている。
さらに地球・プラント問わず
そのため、『闇経済のドン』『裏世界の元締め』と言われる伝説的人物。

その行動原理は『ゼニもうけ』ただ一つで、
金をもうけることに対して異常な情熱を注いでいる。
そのため正義や大義などにはまるで興味がなく、
節操なく様々な組織に武器を売りさばく。

また、魔術師でもあり、人間を超越したレベルの強さを持つ。
年齢は54だが、魔法で姿を変えており、
普段は緑色の長い髪を持ち、赤いドレスに身を包んだ美少女の姿をしている。
一見するとその姿はおしとやかな貴族令嬢に見えるが、
関西弁を使い、中年のおばちゃんそのものの口調で喋る。
歯に衣着せぬ毒舌が特徴。また、イケメン好きでもある。
また、常時携帯している赤い日傘にはロケットが内蔵されており、
それで空を飛ぶことが出来る。

魔導書・・・ではなく金もうけの秘伝書『億のゼニも一銭から』を所持している。これに何の意味があるのかは今のところ謎。


今のところは地球連合軍に協力的だが、
ブラックロッジにも出入りしており幹部陣とは顔見知りの間柄。
その他、様々な組織に接触し、兵器を売って歩いている。

鬼械神『絶海城』を召喚できるが、この辺りはまだ謎に包まれている。


魔導書・・・ではなく金もうけの秘伝書『億のゼニも一銭から』を持っており、
そこから鬼械神『絶海城』を呼び出せる。

ちなみにこの『億のゼニも一銭から』は実はカバーだけのごまかしであり、
本当は古代書『死海文書』である。