※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルピュイア



ファビエンヌ=ベルリオーズが生み出した精霊機兵。属性は『音』。
神話の怪物ハルピュイアに加え、ヴァイオリンを人型にしたようなデザインをしており、
機体色は茶色。
背中に生えた翼で空を飛び、手に握られたヴァイオリンの弓を用いた白兵戦もこなせる。
しかし、主力となるのはこの機体の属性である『音』を利用した攻撃。
コクピット内でファビエンヌがヴァイオリンを演奏すると同時に、
ハルピュイアが翼を震わせ、そこから破壊エネルギーを持った音波を放ち目標を撃破する。
『動』の音を支配する精霊機兵と言われ、その攻撃方法は
ファビエンヌの苛烈な性格を示すように、直接的、破壊的なものが多い。
「出でよ!狂乱の妖鳥、ハルピュイア!!」

<武装>
妖弓バンシーボウ:ヴァイオリンの弓の形をした武器。

<特殊能力>
音障壁:機体の周囲に音のバリアを張って攻撃を防ぐ。
フォニック・シフト:ハルピュイアの特殊能力。自らが奏でる旋律と機体を同化することで、音の流れに乗り、音速に近いスピードで移動できる。

<術技>
※ 技名はあくまで正式名称。
戦闘においては、ファビエンヌはこれらの名では呼ばず、
下に記載してある「ソニックブーム」「トルネード」などの『別名』で技名を叫ぶ。

○前奏曲(プレリュード)「流れゆく秋風の調べ」

ファビエンヌがヴァイオリンを奏でると共に、
翼から数発の真空波を発射する、最も基本的な攻撃。
またの名を「ソニックブーム」。

○行進曲(マーチ)「揺れる螺旋に乗って」

翼から渦巻き状の音波を発射する。一直線に放たれ敵を飲み込んで破壊する。
またの名を「トルネード」。

○狂想曲(カプリッチオ)「小悪魔たちの饗宴」

翼を震わせ、機関銃のように音の塊を発射する。攻撃範囲は広く、一発一発の威力も高い。
またの名を「ガトリング」。

○狂詩曲(ラプソディー)「戦場に舞う妖鳥(ハルピュイア)」

翼からレーザーのような音の波を発射する技。
この音には精神エネルギーが宿っており、敵を追尾して撃破する。
またの名を「(ホーミング)レーザー」。

○最終楽章(コーダ)「そして全ては燃え尽きる」

ハルピュイアの最大攻撃。翼の震動を極限まで高め、
機体を中心にした全方位に攻撃的音波を放出。
その破壊力は、半径数キロの存在する物体全てを塵に変える。
ちなみにこの技は全方位に放出するだけではなく、
一方向だけに巨大な音の波を生じさせるバージョンもある。
いずれもファビエンヌの精神エネルギーの全てを使って繰り出されるため、使用後の消耗は激しい。