※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラガヴジェド=ヌァク=メンカウラー


性別:男
年齢:35歳
一人称:朕(われ)
所属:ネオエジプト
搭乗機体:ガンダムスフィンクス
ICV:岡野浩介

元ネオエジプトのガンダムファイターで、最凶四天王の一人。
中東系らしい浅黒い肌、クリーム色のスーツにウジャト眼の装飾のついた同色のシルクハット、
黄金の刺繍でヒエログリフの刻まれた黒いネクタイ。
十の指には総て、スカラベやウジャト眼などを象った黄金の指輪が嵌められており、耳や顎にも金の輪が附属している。
隈取りの施された三白眼の大きな眼に、整った顔立ちはツタンカーメン王の肖像を思わせる。
額には赤いほくろがあり、髪型は、古代ファラオの被り物のように、オールバックで固めている。手を組み、指輪をこすり合わせるのが癖。アヌビスの頭部を象った柄を持つ杖を携えている。

自らを高貴なる存在と信じ込み、己以外の総てを下賎なるものと見做し、
蔑んではばからぬ究極のエゴイスト。他人を「下民」あるいは「猿」と呼ぶ。
その理由は、「朕は高貴なる朕であるから」。
エジプトの名家の出身であるが、家柄や血統、まして過去の偉人の相似などではなく、
天地にただ一人の己個人に絶対の自信を持つ。
優雅で落ち着いた仕草をとっているが、興奮するあまり三枚目な部分を見せることも。

猫をこよなく愛し、脳内のヒエラルキーでは自分を除く人間は総て猫の下だと言う。
彼の私室は多数の猫で埋め尽くされており、特にお気に入りなのは黒猫のクレオパトラ。
猫に対してだけは愛情を注ぐが、彼の関心は基本的に生きているもののみに向けられ、
死者に対してはそれが猫であろうとも、一片の興味も覚えず即座に忘却する。

何かに真剣になることを余裕の無い下民の生き方と捕らえ、
この世の総てを遊び道具と見做し、戦いを遊興としか考えていない。
どのような非難も、総ては下民の遠吠えとして聞き流すことが出来る。
かくの如き人間であるが、その総てから超然とした在り方は一種のカリスマ性を帯び、
桁外れの財を有していることもあり、彼の臣民になろうとする者も多い。
ファイターとしての技量は確かな者で、他の四天王と同等かそれ以上の底知れぬ力を誇る。
前述の性格のため、他の四天王と同列扱いされることを嫌っている。
早くにマザーグースの支配を脱し、好き勝手に動き回っていた。

イリアス=サラスヴァティーと同じく特殊な能力を持ち、
人間の水分を吸い尽くしてミイラに変える能力を持つ。

他の四天王と比べて、目立った悪名はないが、追放された理由は、
大金にあかせて相手を買収しようとしたり、
委員会に働きかけ、ガンダムファイトそのものを崩壊させようとしたから。