※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「来栖川月都」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

来栖川月都」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 
 <h2>来栖川月都(くるすがわ・つきと)</h2>
 <table border="1" cellspacing="1" cellpadding="1" width="200"><tbody><tr><td>性別</td>
 <td>男</td>
 </tr><tr><td>年齢</td>
 <td>不明</td>
 </tr><tr><td>ICV</td>
 <td>三瓶由布子</td>
 </tr><tr><td>登場作品</td>
 <td>巷説修羅剣客伝</td>
 </tr></tbody></table><p><br />
 外見は13,4歳の少年。最上虚蝉の雇い主。<br />
 耳の辺りで切りそろえた美しい金髪に、緑色の瞳をした美少年。<br />
 若くして莫大な資産を保有しており、江戸の街に大きな洋館を構えている。<br />
 幼い外見に似合わず、世の中を達観したような言動が目立つ。</p>
 <p> </p>
 <p>百々目胡蝶斎を激しく憎悪しており、事あるごとに彼の邪魔をし、いずれは<万寿菊>を壊滅させようとしている。</p>
 <p>そのためならば、反幕府組織と手を結ぶことも厭わない。</p>
 <p> </p>
 <p> </p>
 <p>【ネタバレ情報】</p>
 <p> </p>
 <p>その正体は、百々目胡蝶斎によって創られた最初期の<雛>。</p>
-<p>人間ではなく自動人形。長らく創造主である胡蝶斎に仕えていたが、ある日決定的な裏切りに会い、自ら出奔する。</p>
-<p>しかしこれは予め仕組まれたことで、あえて月都に憎しみの種を植え付け、自分に刃を向けさせるのが狙いだった。</p>
+<p>人間ではなく自動人形。長らく創造主である胡蝶斎に仕えていたが、</p>
+<p>ある日妹とも言える存在を面白半分で破壊され、激怒して主の下を出奔、以後復讐を誓う。</p>
+<p>しかしこれは予め仕組まれたことで、</p>
+<p>あえて月都に憎しみの種を植え付け、自分に刃を向けさせるのが狙いだった。</p>
 <p>全ては胡蝶斎の退屈しのぎだったのである。</p>
-<p>胡蝶斎はそのことをほとんど忘れてしまい、さらに月都の憎悪を煽り立てることになる。</p>
+<p>だが、現在の胡蝶斎はそのことをほとんど忘れてしまい、さらに月都の憎悪を煽り立てることになる。</p>
 <p>長い間胡蝶斎の下を離れて、メンテナンスを行っていない為、</p>
 <p>全身の部品が老朽化し、完全に機能が停止するまで後数年も持たないといわれている。</p>
 <p> </p>