|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Hulk


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルク「HULK」
 天才科学者ブルース・バナー博士が実験中に不慮の事故で大量のガンマ線を浴びて変身しハルクとなった物語
ジキル氏とハイドのように人間としての自分と怪物としての自分の葛藤や周囲の人間関係さらに地響きまで伝わるような劇中の戦闘シーンは必見です。


登場人物

ロバート・ブルース・バナー

本作品の主人公

ハルク

ブルース・バナーの変身後の姿
劇中に人間であるバナーと特性の異なるグレーハルク・グリーンハルクに分かれる事もあった。
怪力はアメリカンコミックのなかでもTOPクラスである。

シーハルク(ジェニファー・ウォルターズ)

ハルクの従姉妹

ベティ・ロス

バナーの恋人。唯一ハルクの怒りを治められる人物

ロス将軍

ベティの父親であり、ハルクを追うことになる軍人

リーダー

バナーと同じようにガンマ線を浴び肉体ではなく知能面が発達した高校生

アポミネーション(エミル・ブロンスキー)

元々は産業スパイであったがガンマ線を浴びて変身してしまった。