※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

490 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/22(火) 19:51:52 ID:aj7QqRbW0
開かずではないけど(スレ違い、スイマセン!!)
不思議な祖父の部屋
祖父の書斎は、誰も開けない部屋だったみたいで

祖父は私が生まれる前かなりに他界していて会ったことはないんだけど
古い家を建て替えた際にも祖父の部屋はそのまま残されていて
そこだけすごく昔(昭和初期?なのかな?)って感じな部屋でした

祖母の年数回の掃除以外は誰も入らない開かずの間になっていて
(と言うか、生活に必要ない部屋?て扱い)
そこだけ時間が止まった様な感じでした
不思議と、部屋があるのを忘れる感じというか・・
扉があるのに、開けようと思わない部屋でした

掃除で入ると、そこには古い机や地球儀や本棚などに加え、祖母の足踏みミシンなどがありました
祖父生前そのままだったのかも?
畳の部屋に直に置いてある机とか、当時でも、昔っていうか古い!!って感じで

私はその部屋を凄く覚えていますが、その後また建て替えて洋室(ピアノ用)になったので
妹などは全く知らない様です
広さは10~12畳くらいだったのかな?

491 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/05/22(火) 19:55:28 ID:aj7QqRbW0

立て替えはここ40年くらいの話

私が知ってる祖父は集合写真の祖父ではなくて
書斎の机で背中向けてる姿
それだと、年数合わないらしいんだよね(戦争で死んでるので)
書斎に居る祖父を知ってるはずがないみたい
そもそも立て替えてからの年数も合わないらしい
祖父が死んでからと立て替えから、自分の年齢でいうと確かに合わない

なんか凄く知ってるというか覚えてる部屋の話だけど
ほんとは、知ってるはずはないらしく
人の話を総合しただけなのかも(オカルトではなく・・気のせい??)
でも、懐かしい気がします

そんだけなんだけど、ね