※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

361 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/04/20(金) 20:45:30 ID:vsJvbtWOO
むかし友人の親父さんが経営してたラブホで清掃員のバイトをコネでやらして貰ってた事があるんだが、
そのラブホに開かずの間があった。
その部屋は常に施錠されていて使用中のランプを点けっぱにしてあった。
一緒に働いてたオバチャン達に聞いてみたが口止めされていて教えて貰えなかった。
そこで友人に聞いてみたが友人はその部屋の存在すら知らなかった。
友人も相当なオカルト好きだったのでオレの話しを聞いて大興奮。
突然身近に現われた謎の部屋にオレ達二人の心はトキメいた。
オレ達はすぐ突撃の計画を立てたが、
もし洒落にならない部屋だったら困るので突撃する前に情報収集する事に。
再度オバチャン達に凸ってみるがやはり教えて貰えなかった。
そこで友人が親父さんに聞いてみた処意外とあっさり教えて貰えた。
それによるとその部屋で客の男が一緒に入った女に殺される事件が起きた。
それ以来その部屋に入った客から
「部屋に入ったらベットに男が座っている」
とクレームが出るようになり開かずの間になったそうだ。
オレ達はその位なら突撃しようと思って準備を進めていたが、
親父さんに気付かれ部屋の鍵を隠されてしまい凸れなくなってしまった。   その部屋は今だに開かずの間のまま残っている。
あーぁ突撃したかったな。
落ちなし、長文申し訳在りませんでしたぁ!