※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

223 名前: 竹槍 投稿日: 2007/03/17(土) 22:25:58 ID:UjJFbQq30
俺の祖父家には古くから物置きがあって
俺が、小6ぐらいの頃に、その物置きを祖父や祖母が使わなくなって
「どうして、使わなくなったの?」と、俺は祖父に問った
すると祖父は、「ちょっとな」しか言ってくれなかった
祖母に聞いても、同じ答えが返ってきた。
何故かと思い、その物置きに行ってみた。
扉を開いた瞬間に、頭のはげたおじいさんが、声をあげながら現れた
何故、こんな所にいるのだろうと思ったが、だんだん不気味になりひき帰した
そして、こんな伝説が祖父の住む村ではあった
昔、一人の老人が娘の為に磔刑に処された(娘は窃盗犯)
それ以来、老人を磔刑に処した処刑人はいつも悪夢に苦しめられるようになった
そこで、偉いお坊さんに、その原因をつきとめてもらうことにした
そして、そのお坊さんある神社に行き、帰ってこなくなった
お坊さんが行方不明になり、処刑人は悪夢を見なくなったという
この話は、祖父の家の近所に住む田舎友達から昔聞いたもので、今はその友達は都会に働きに出ている
そして、その物置きのおじいさんと伝説の関係も不明
それ以来、みんな不気味がって物置きにちかづかなくなった・・・
今は畑小屋が物置き変わりになっている