※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

470 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2006/09/06(水) 19:13:58 ID:RoGgEBKzO
特に訳ありだとか、霊とかそういう類の話ではないですが…

私が小学5年生ぐらいのとき、家の前のでかい倉庫をもっとでかく、二階建てにするということで
前の倉庫を完全に取り壊す事になりました。
倉庫にはコンバインやトラクターなど農業機械や米を保管する保冷庫、
あと小さな引き出しや大きな引き出しが一カ所にまとめられていました。

そこには金づちや釘、のこぎり、ドライバーやカマなどが収納されていて
私はよく前からカマボコ板などで、ノコギリや金づち、釘を使って変なモノを作ったりしていました。
ただある時いつものようにそうやって遊んで、道具を終おうとしたら、
私の収納方法が悪かったのか、それいらいその引き出しだけ〔上から三番目ぐらい〕は開かなくなってしまいました。

倉庫を取り壊す際に引き出しそのままを取り出すのは困難なので、
ひとつひとつを分けて取り出そうとしましたが、先程のような事があって、三番目の引き出しが取り出すことができません。

しかし引き出しを横にずらして後ろをみると、裏には板が張られておらず内部が剥き出しになっていました。

後ろからはみ出していた工具を無理矢理取り出したあと、私はオトンと一緒に二個ある取っ手を一つづつ引っ張りました。

すると中から鼠が一匹飛び出して来てきました。
私は絶叫、鼠は私の太ももを蹴ってどこかに逃げて行きました。
そしてその鼠の逃げ去った引き出しの中にはまだ生まれたばかりで目もあいていない8匹?の子鼠がウゴウゴ微かな声で鳴きながらもがいていました。
子鼠の体も赤かったのですが、それより真っ赤なノミが大量に子鼠の体についていました。

結局オトンが子鼠を割り箸でつまみだし全部袋に入れ、私に差し出して「適当に処分しろ」と言ってきました。
自分ではよく分からなかったので、ばーちゃんに相談したら畑に埋めろと言われたので、全て畑に埋めました。

携帯からすみませんでした。

471 名前: 470 投稿日: 2006/09/06(水) 19:30:55 ID:RoGgEBKzO
あ、スレタイの趣旨にもっと合った事を言えば、
最初の方のレスと全く同じように
繋がる階段のない二階があります。
もしかしたらあなたは私の兄ですか?(笑)

オトンは日本家屋だから空気の通り道、夏を涼しくしとるんだ、とか物置だ、と言いますが、外から見える窓は締め切ったままです。

ただばーちゃんが死ぬ前に、当時中学に上がる私の部屋をそこ〔例の二階〕を改装してロフトっぽく作ると言っていたので別段特別な事はなさそうです。〔ばーちゃんは私が中学に上がる直前に亡くなり、その後元ばーちゃんの部屋を私が使用〕

でも毎年春ごろになるとその二階を鼠がドコドコ走っています…