※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

189 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2006/07/31(月) 02:14:22 ID:beqXXtKb0
小学生の頃のお話。
教室にあった教卓の引き出しが開かなくなっていた。
中に色んな物を詰め過ぎて、引き出しが何かに引っ掛かったらしい。
ある日のことである。
授業中、この引き出しが開かなくなっていることに気づいた担任のM先生が
この引き出しを何とか開けようとした。
「あら? なんで開かないのよ? この引き出し」 
そういって引き出しの取手を掴み、一生懸命に引っ張った。
だが、なかなか開かない。
「もう~、誰? こんなイタズラしたの~」
そういってさらに力を入れて引っ張った。
ようやく引き出しがガタガタ音を立てて開いた。
「こんなに色々詰まってたのね。ちゃんと掃除しないから・・・」
そう言いながら引き出しの中に手を突っ込んだ。
引き出しを掃除しないのは先生の責任では?
「んっ? 何かしら? これは?」
先生は差し入れた腕を外の出した。何やら長いモノが腕に巻きついている。
「!」

先生の腕には、1メートル近くのアオダイショウが絡み付いていた・・・。
先生はそれを目にし、その体勢のままゆっくりと床に卒倒した。
どうやらそのアオダイショウは教卓の引き出しの中に入り込み、冬眠をしていたらし。
授業は中断。
隣のクラスのO先生を呼びに行き、その後、M先生は担架で運ばれた。
M先生は、大のヘビ嫌いだったのだ。
人が失神する瞬間を目の前で見たのは、後にも先にもこの時だけ。