※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 ベルリオーズの幻覚(レッドガイ)
概要 主人公の言うレッドガイとは違うベルリオーズの見た幽霊であり、ピンクエレファ
ント これはベルリオーズの狂気が産んだ産物なのか、本当に超自然的なものかは設定し
ない また怜子も見るようになる ある種の共同幻想
容姿 ベルリオーズの趣味を反映してロリ娘 また鉄球のついた鎖を全身に巻いており、
髪がレッド……というよりはピンク色 鎖を巻いているのはイギリス(西洋)の幽霊は鎖
を引きりながら現われるため 勿論、足はある ディケンズによると、生前の行いによっ
て人は鎖の輪を増やし、一ヤードづつ伸ばしていくのだそうだ 言うまでも無く生前に犯
した罪の象徴である ピンク髪なのは、勿論ピンクエレファントから ピンクエレファン
トは文字通りピンクの象を指し、あり得ないものの象徴であり、幻覚という意味で西洋で
使われている また幽霊は半透明
シナリオ展開
 ベルリオーズと怜子の過去話で登場 ベルリオーズが自分の行いの招いたこと(土地の
不正売買への関与)を悔い、そして興味本位から紅い蝶を標本にしてしまったことへの
自粛の念から見た幻覚…か、本当の幽霊かは設定しない。だけど便宜上、幻覚と呼ぶ。
 ベルリオーズの解釈だとレッドガイ=赤草刀の神であり、ベルリオーズはこの幻覚の
姿を絵に描くことで封じ込め、自分の理性を保とうとしていた。そのため、絵はベルリオ
ーズの部屋に飾ってある。怜子はこのベルリオーズが紅い蝶を標本にした事実に心を痛め
ているのを見て、本物の紅い蝶をプレゼントした。
 この幻覚はレッドガイ=赤草刀=ベルリオーズであり、ベルリオーズもまたこの物語に
おいて全てを知っていたり、糸を引いていたわけではないことの象徴。
 ベルリオーズはこのある種の自分自身との対談を通じて、徐々にあの計画への妄執に囚
われていく。役割としてはベルリオーズと衒学的かつ禅問答させるためのキャラ。
 またシナリオ7で鍋島も姿を見る。