※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベルリオーズ・田中
  • 年齢 22~24
  • 職業 (兵庫)県立有沢村文化会館職員※公務員
  • 体格 筋肉質で背も高い 髪型はショート
  • 性格
 穏やかで心優しいように見えるが、誰にでもわけ隔てなく接するが内部は冷め切ってい
て計算高い。基本的に何かに心を動かされることは無く、表情が変わったり微笑んだりす
るのもどちらかというと形態反射に近い感覚。
 趣味は怜子との交換日記と、暖かいレモネードと、サッカー。また知識欲は旺盛であり
自分の興味ないものまで知識を得ようとする。それは人間に対しても同様で、そのため誰
に対しても分け隔てなく好意的な態度を取る。実は特定の親し過ぎる人間を作らないこと
が彼の処世術でもあったり。基本は文系だが、理系も得意。
 オメガゾーンを毎週見ている。
 また実は刺繍が好き(多分、完全に裏設定)
  • 好きな食べ物
 大蒜
  • 私服
 プライベートは動きやすいカジュアルファッション、普段は公務員らしくスーツ。
 刺繍が好きだけどレザーパンツを穿いたりはしない。
  • 環境
 文化会館の博物館の館長の息子。母親は幼い頃に他界。経済事情は安定している。有沢
村で生まれたが、鍋島達と行き違いになるようにフランスの叔父に預けられる。
 有沢村にある実家は二階建ての一軒やで平均的な大きさ。叔父の家は裕福な貴族の家庭
であり、所謂理性教育を受けてきた。しかし、それによるフランスの没落と政治的矛盾を
目の当たりにしてきた結果、高校生頃から逆に回帰運動のほうに走っていく。ここら辺は
現実準拠。しかし、そういった原初的衝動も所詮は知性や環境によって生み出されたもの
に過ぎない事に気づき、エリアーゼ的宗教解釈(所謂、死にいたる理想神話)に反発を持
ち、逆に教典、教義をもたないながらも信仰の絶えることの無い日本の神道に興味を持ち
日本に一時的に帰郷。この時に玲子と運命的な出会いを果たす。以後、玲子と電子上で交
換日記を欠かさずつけるようになる。
 身体能力も趣味が刺繍なのだから、当然鍛えており、力強くタフ。
 友人関係は上記の性格もあいまって凄く広いが、しかし浅い。唯一、心を許しているの
は怜子ぐらいであるが、ベルリオーズは自分の人懐っこさと温和さで自分他人に心を許し
ていないと思わせない。むしろ、その逆で心を開いてくれてると彼の友人たちには思われ
ている。