※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

有料ディストリビューションであるRed Hat Linuxの開発元「Red Hat」が支援するFedora Projectによって開発されている。
半年に一度という驚異的なスピードでバージョンが上がっていく革新的なディストリビューション。
常に最新技術を盛り込むことを開発目的に据え、Linuxで新しいことをするには一番向いているディストリビューションかもしれない。
反面、13ヶ月しかないメンテナンス期間に不満の声もある。
リリースが短期で行われるため「バグが多い」とも言われるが、「Fedoraを使う以上それは承知のうえ」とする声もある。またはそれが楽しい一面なのかもしれない。

Fedora系の特長

Fedoraにもyumコマンドというパッケージ管理ツールが組み込まれている。
書籍などの説明ではこのyumコマンドが多いため、初めてLinuxに触れるのであれば情報量も多く、勉強しやすいディストリビューションだろう。
クライアント用途傾向が強いため、サーバ用途では敬遠されがちだが、使い方次第なので一概には「サーバには不向き」とは言えない。