※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Debian Projectという団体が作成するLinuxディストリビューション。
同団体が作成するOSは他にもDebian GNU/Hurd、Debian GNU/NetBSD、Debian GNU/kFreeBSDなどがあるため、単にDebianとしただけでは本来正しくはないが、一般的にはDebian=Linuxディストリビューションと言えるだろう。
「保守的」「厳格」といったイメージが持たれることもしばしばだが、フリーソフトウェアの健全な発展を目指すことを理念として掲げる団体としても有名だ。

Debian GNU/Linuxの特長

aptコマンドでの強力なパッケージ管理は初心者にでもすんなり受け入れられるだろう。
書籍やネット上での扱いはRedhat系よりは少ないため、情報量としてはFedoraシリーズには劣るかもしれない。
提供しているパッケージの数はLinuxディストリビューションの中でもっとも多く、アプリケーションの導入で困ることは少ないと言える。

Debianに付けられるコードネーム

Debianを知るにつれて「etch」「sarge」といった単語を目にする。
これはDebianのバージョンごとに付けられた名前で、映画「トイ・ストーリー」のキャラクター名があてられている。
バージョン コードネーム キャラクター
1.1 buzz バズ。元は主人公「ウッディー」のライバル
1.2 rex レックス。気弱な恐竜おもちゃ
1.3 bo ボー。ウッディーが憧れるランプ人形
2.0 hamm ハム。ブタの貯金箱
2.1 slink スリンキー。ダックスフントのバネのおもちゃ
2.2 potato ミスターポテト。じゃがいも型のおもちゃ
3.0 woody ウッディー。主人公のカウボーイ
3.1 sarge サージェント。アーミーの小さな人形
4.0 etch エッチ・ア・スケッチ。おもちゃのお絵かきボード
lenny レニー。双眼鏡
sid シド。隣に住む子ども