※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SATAとは「Serial Advanced Technology Attachment」の略で"シリアルATA"と訳される。
語句の成り立ちから考えると「S-ATA」と表記する方が正しいかもしれない。
ATAとは従来からあるPCとHDD間のインターフェースのことで、ここではあまり述べない。

玄箱PROへのSATA2

玄箱PROに接続できるHDDの規格としてこのSATAがあげられるが、まれに「SATA2のHDDは取り付けられないのか」といった質問がある。
SATA2とはSATAの上位規格であり、具体的には転送速度があがりNCQ(ネイティブコマンドキューイング)といった機能に対応している。
これらSATA、SATA2ともに完全上位互換となっており、SATA2HDDを玄箱PROに接続してもSATAとして動作するので、「取り付けられるか」という質問には「取り付けられる」となる。
しかしその場合の動作はSATAモードであり、SATA2の恩恵にはあずかれない。