※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルシステムとは、HDDやフラッシュメモリなどの物理デバイス?を論理的に利用するための仕組みだ。
適用はデバイスのパーティション?ごとに可能となり、1台のHDD内部に複数のファイルシステムを運用することができる。
通常は物理デバイスにデータを書き込み・読み出しをする際、デバイスのどこにどんな大きさでどのような名前で記録をしたのか詳細に指定する必要がある。
しかし現実的に、ファイル一つ一つを扱うたびにこのような指示をすることは不可能に近いし、出来たとしても便利とはほど遠い。
そこでUNIX?で考えられた方法がファイルシステムだ。
通常ファイルと同様の扱いでデバイスを扱えるので、自動でマウントされているフラッシュメモリなどはファイルシステムの恩恵に気がつかないほど便利で身近となる。

実際は様々なファイルシステムの上位にVFS?、そのVFS?を同じシステムコール?で各種プログラムが扱う仕組みになっている。


本来ならファイルシステムごとに様々なアクセスルールが存在するが、OSからの同一のインターフェイスですべてを等しく扱えるのはVFS?のおかげだ。
したがって、ユーザーはファイルシステムがどのようなものかを意識する必要がない。

標準Linuxでのファイルシステム


添付ファイル