※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「玄箱PROのwiki」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

玄箱PROのwiki」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 Linux初心者が玄箱PROで勉強しています。
 日々の細かい内容は[[「玄箱Pro、直します。」>http://aerocats.blog100.fc2.com/]]というブログで綴っていますが、ここではブログでは表現の難しい「修正したまとめ」を書きためていこうかと思います。
 基本的にはLinux、玄箱PROが中心ですが、WindowsPCでのデュアルブート環境、仮想化等の内容にも触れたいと思っています。
 あくまでも備忘録であり、自分自身(もしくは同じような初心者の方)が学習するためのメモです。
 >凍結ページはありませんが、&bold(){&color(red){全ページが編集途中}}ですので、間違いを正していただける方、エラー報告していただける方からの編集は大歓迎です。ご自由に編集してください。
 #contents()
 *玄箱PROのこと
 玄箱PROに関するページは以下。
 **玄箱PROの概要
 玄箱PROの説明。玄箱PROは通称で、玄人志向の正式な商品名は KURO-BOX/PRO。
 あわせて採用されているカーネルについても触れる。
 -[[玄箱PROとは]]
 -[[玄箱PROのスペック]]
 ***Marvell 88F5182
 -CPUとMPU
 -ARMとは
 ***各種メモリ
 玄箱PROには2種3品の「メモリ」が搭載されている。
 メインメモリとしてDDR2-SDRAM、記憶装置としてフラッシュメモリを搭載している。
 特にフラッシュメモリは扱いに様々な制限やルールがあるので注意が必要。
 ****DDR2メモリ
 -DDR2メモリとは
 ****フラッシュメモリ
 -[[フラッシュメモリとは]]
 -[[NORフラッシュ]]
 -[[NANDフラッシュ]]
 ***カーネル
 OSの核を成すカーネルについて。
 Linux全体の理解と玄箱PROでの振舞いを検証する。
 -[[カーネルとは]]
 -uImage.buffalo
 **U-Boot
 シリアルコンソールを接続しなければ縁のない(とは言い切れないが)U-Bootという機能について。
 LinuxOSとして玄箱PROが起動できるための「玄箱PRO版BIOS」だ。
 -U-Bootとは
 -環境変数について
 -U-Bootでのコマンド
 **玄箱PRO固有
 玄箱PROには様々な固有コントローラーが搭載されているが、それらを動作させるには汎用的なプログラムではなく、標準Linux(NANDメモリというべきか)にあらかじめインストールされている機能を流用した方がスムーズだ。
 そのシステムを検証する。
 -シリアルコンソールとは
 -[[miconaplコマンド]]
 -nvramコマンド
 -[[RESETボタン]]
 **標準Linux
 もっとも基本的で誰もが最初にお世話になるモード。
 特別に何かに優れているわけではないが、コンパクトで過不足なくまとまっているがクセのあるMontavistaLinuxを検証する。
 -[[(標準Linux)標準Linuxとは]]
 ***標準Linuxの構造
 -[[(標準Linux)起動メッセージ]]
 -[[(標準Linux)各種情報]]
 -[[(標準Linux)ルート直下のディレクトリツリー一覧]]
 --[[(標準Linux)binディレクトリ]]
 --[[(標準Linux)sbinディレクトリ]]
 --[[(標準Linux)usrディレクトリ]]
 --[[(標準Linux)devディレクトリ]]
+--[[(標準Linux)procディレクトリ]]
 --[[(標準Linux)etcディレクトリ]]
 --[[(標準Linux)varディレクトリ]]
 -[[(標準Linux)終了メッセージ]]
 ***標準Linuxを使って各種プログラムを作動
 **開発用Linux
 新しいプラグラムを導入するなら添付CD-ROMに収められている開発用Linuxを使えばいい。
 必ずしも「標準Linux<開発用Linux」ではないところがおそらく楽しくさせるポイントだろう。
 -(開発用Linux)開発用Linuxとは
 ***開発用Linuxの構造
 -[[(開発用Linux)起動メッセージ]]
 -(開発用Linux)ルート直下のディレクトリツリー一覧
 ***開発用Linuxを使って各種プログラムを作動
 ***開発用Linuxへ各種ソースをビルド
 -(開発用Linux)lighttpdの導入
 **外部との接続設定
 -[[外部と接続する仕組み]]
 -[[外部と接続する]]
 *Linuxのこと
 玄箱PRO上でのLinux全般に関するページは以下。
 **Linuxとは
 書籍やネットでたびたび耳にする「Linux」。
 初心者にはなじみの薄い「ルール」や「しきたり」などにも触れつつ検証する。
 -Linuxとは
 -[[ディストリビューションとは]]
 **Linuxの仕組み
 -[[ファイルシステム]]
 ***各ディレクトリの意味
 -[[etcディレクトリとは]]
 **Debian GNU/Linux 4.0
 玄箱PROへの導入ディストリビューション実績は間違いなくNo.1だろう。
 そもそもなぜDebianでなければいけないのか、また、Debianにすることでどのような恩恵にあずかれるのかを検証する。
 -[[Debianとは]]
 -Debian化する理由
 -Debian化の方法
 ***Debianの構造
 ***Debian特有のコマンド群
 -dpkgコマンド
 -apt-getコマンド
 ***Debian環境を整える
 ****開発環境を万全にする
 ****日本語環境の構築
 -(Debian玄箱PRO)日本語環境とは
 -(Debian玄箱PRO)localesの導入
 ****玄箱PROの時計を合わせる
 ***Debian玄箱PROで各種プログラムを動かす
 ****リモートログイン環境の構築
 -(Debian玄箱PRO)リモートログインとは
 -(Debian玄箱PRO)telnetdの導入
 -(Debian玄箱PRO)sshdの導入
 ****webサーバの構築
 -(Debian玄箱PRO)webサーバとは
 -(Debian玄箱PRO)apatchの導入
 ****ftpサーバの構築
 -(Debian玄箱PRO)ftpサーバとは
 -(Debian玄箱PRO)proftpdの導入
 ****iTunesサーバの構築
 -(Debian玄箱PRO)iTunesサーバとは
 -(Debian玄箱PRO)mt-daapdの導入
 ****DLNAサーバの構築
 -(Debian玄箱PRO)DLNAサーバとは
 -(Debian玄箱PRO)mediatombの導入
 **FedoraCore6
 **コマンド
 WindowsPCでのGUIに慣れている人たちには敷居の高いコマンドを用いたCUI環境。
 そのCUI環境を驚くほど便利に感じることができるのも、優れたコマンド群とそれをCPUに仲介するシェルのおかげだろう。
 -シェルとは
 -[[コマンドとは]]
 -[[BusyBoxとは>BusyBox]]
 ***コマンド一覧
 #list_by_tagsearch(sort2=asc,コマンド,Linux全般)
 *シェルスクリプト
 -[[シェルスクリプトとは]]
 **シェルスクリプト一覧
 #list_by_tagsearch(sort2=asc,シェルスクリプト,一覧)
 *エラー事例集
 -[[(エラー)960BA8C0.img]]
 -[[(エラー)disk is already mounted!]]
 -[[(エラー)disk is already formatted!]]
 -[[(エラー)RESETボタンでの初期化中、INFO LEDが点滅して作業が中断する]]
 -[[(エラー)wget: SITE NAME : Unknown host]]
 -[[(エラー)Invalid tar magic]]
 -(エラー)configure: error: C preprocessor "/lib/cpp" fails sanity check
 #hr