JSP


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文章型宣言

  1. JSP
  2. <%@ page contentType="text/html;charset=文字コード"

language="java" pageEncoding="文字コード"%>

  1. HTML
  2. Strict DTD ( 厳格型 )

    !DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

  1. Transitional DTD ( 過渡型 )

    !DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

Frameset DTD ( 枠集合型 )

!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

  1. XHTML
  2. <?xml version="1.0" encoding="文字コード"?>

    !DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

    html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

要素

  1. ディレクティブ : <%@ %>
  2. <%@ page import="java.io.*" %>
  3. 宣言 : <%! %>
  4. <%! int hoge = 0; %>
  5. スクリプトレット : <% %>
  6. <% ここに JAVA コードを記述 %>
  7. 式 : <%= %>
  8. <%= number.getNum() %>
  9. アクション : <jsp: />
  10. <jsp:useBean id="インスタンス変数名" scope="スコープ"

class="クラス" type="インスタンス変数型" beanName="クラス" />

jsp:setProperty name="インスタンス変数名" property="プロパティ" value="プロパティ値" param="パラメータ" />

jsp:getProperty name="インスタンス変数名" property="プロパティ" />

  1. コメント : <%-- --%>
  2. <%-- ここにコメントを記述 --%>

meta情報

<head>~</head>内に記述。
  1. http-equiv 属性
  2. <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=文字コード">

    meta http-equiv="Content-Language" content="ja">

    meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">

    meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">

    meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">

    meta http-equiv="cache-control" content="no-cache">

    meta http-equiv="expires" content="有効期限">

    meta http-equiv="refresh" content="秒数;URL=移動先">

  1. name 属性
  2. <meta name="Author" content="自分の名前">

    meta name="copyright" content="著作権表示">

    meta name="GENERATOR" content="テキストを作成したエディター名">

    meta name="Keywords" content="ホームページの検索キーワード" lang="ja">

    meta name="description" content="ホームページの紹介文">

    meta name="ROBOTS" content="検索エンジンが拾うファイル( 例 : index,follow )">

CSS

<head>~</head>内に記述。
  1. 外部ファイル
  2. <link href="CSS の場所" rel="stylesheet" type="text/css" media="all" />

include

※固定宣言の部分を外部ファイルに記述しておくことで修正が容易になる。
( 例 : <head> ~ </head> 内の記述等 )
  1. 外部ファイル
  2. <jsp:include page="外部ファイルの場所" flush="true か false" />

    jsp:forward page="移動先">

    jsp:param name="パラメータ名" value="パラメータ値" />

    /jsp:forward>

※移動先にパラメータ名・値を転送


更新履歴

取得中です。