ログイン認証


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

動作確認

DB名 sampleDB
テーブル名 login
スキーマ sample
user_id(character varying[10]) password(character varying[10])
name1 0038
name2 syouki
name3 ikuoys
name4 arutarufu
  • 引き続きSampleディレクトリを使用します。
  1. 上記のデータベースを作成します。
    1. PostgreSQLを起動するので先ほど作成した「サービスの起動.exe」をダブルクリックします。
    2. 先程作成した 「pgAdmin3.exe」 のショートカットをダブルクリックします。
    3. 「PostgreSQL Database Server 8.2」 をダブルクリックします。
    4. DB を構築するので「データベース」 を右クリックし、「新しいデータベース」 を選択し、名前に「sampleDB」を入力して「OK」をクリックします。
    5. テーブルを作成するので作成した DB の階層にある 「スキーマ」を右クリックし、「新しいスキーマ」を選択し、名前に「sample」を入力して「OK」をクリックします。
    6. 「スキーマ」→「sample」から「テーブル」 を右クリックし、「新しいテーブル」 を選択します。
    7. テーブルに「login」と名前をつけます。
    8. 「列」タブから「追加」 を選択し、カラムを追加します。
    9. 名前に「user_id」、データ型に「character varying」、長さに「10」を入力して「OK」を繰り句します。
    10. 同じように「password」を追加します。
    11. 「制約」タブから「主キー」の「追加」をクリックします。
    12. 主キー画面の「列」タブのボックスから「user_id」を選び、「追加」をクリックし「OK」をクリックします。
    13. 「OK」をクリックします。
    14. 「login」テーブルを右クリックし「データビュー」→「全ての列を表示」を選択します。
    15. ここで↑の値の入力をしてください。入力し終わったら右上の×から閉じてください。(最初にデータを入れたときのみ自動で保存されます)
  2. 下記のファイルをダウンロードしてください。
    • #ref error : ファイルが見つかりません (LoginServlet.java)
    • #ref error : ファイルが見つかりません (LoginConfirmServlet.java)
    • #ref error : ファイルが見つかりません (LoginDB.java)
    • #ref error : ファイルが見つかりません (UserBean.java)
    • #ref error : ファイルが見つかりません (login.jsp)
    • #ref error : ファイルが見つかりません (loginSuccess.jsp)
    • #ref error : ファイルが見つかりません (loginFail.jsp)
  1. ダウンロードしたファイルを基本構造通り配置してください。
          ********************
         ***ディレクトリ構成***
         ********************
      Sample
        |
        +---WEB-INF
              |
              +---src
              |    |
              |    +---Login
              |          |
              |          +---LoginServlet.java
              |              LoginConfirmServlet.java
              |              LoginDB.java
              |              UserBean.java
              |
              +---classes
              |    |
              |    +---Login
              |          |
              |          +---LoginServlet.class
              |              LoginConfirmServlet.class
              |              LoginDB.class
              |              UserBean.class
              |
              +---lib
              |
              +---web.xml
              |
           login.jsp
           loginSuccess.jsp
           loginFail.jsp
    
  1. コマンドプロンプトを開いて「LoginServlet.java」と「LoginConfirmServlet.java」と「LoginDB.java」と「UserBean.java」をコンパイルをします。
    1. 「sample」フォルダをつくり↑のように配置したら、最初に「SampleDB.java」をコンパイルします。コンパイルのときは以下のコマンドを入力してください。
      • javac -d . SampleDB.java
    2. コンパイルをしたときに注意が出るかもしれませんが、無視してかまいません。たぶんコンパイルはされて「sample」フォルダができてその中に「SampleDB.class」ファイルが生成されているはずです。
    3. 同じように「SampleServlet2.java」もコンパイルします。コマンドは以下のとおりです。
      • javac -d . SampleServlet2.java
      • パッケージ以下をコンパイル:javac -d . *.java
    4. 「SampleDB.class」と「SampleServlet2.class」ファイルを「classes」フォルダに移動します。
  2. 「web.xml」、「Sample.xml」を記述します。詳細は上の接続方法(DataSource)※推奨の項目7までを見てください。
    • パッケージの記述例:<servlet-class> ~ </servlet-class>のみsample.LoginServletに書き換え、他はLoginServletに書き換える。
  3. Tomcat を起動して http://localhost:8080/Sample/servlet/LoginServlet にアクセスします。

これでログイン認証は終了です。



更新履歴

取得中です。