Tomcat


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Tom

WindowsでのTomcatの導入

ダウンロード方法

  1. http://tomcat.apache.org/index.html にアクセス します。
  2. 「Tomcat 5.5」をクリックします。
  3. 「Archives」からダウンロードページへ
  4. 「v5.5.20」をクリックします。
  5. 「bin」をクリックします。
  6. 「apache-tomcat-5.5.20.exe」をクリックしてダウンロードします。

インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
  2. 「Next」をクリックします。
  3. 「I Agree」をクリックします。
  4. 5つの項目が出てきて、上3つがチェックされていて、下2つはチェックされていませんが、下2つもチェックして「Next」をクリックします。
  5. インストール先を変更する場合は「Browse」をクリックしてインストール先を指定します。インストール先が決まったら「Next」をクリックします。
  6. 「ポート番号」「User Name」「Password」を入力して「Next」をクリックします。(User Name、Password は後からでも変更できます。)
  7. 「Install」をクリックするとインストールが始まります。
  8. 「Finish」をクリックしてTomcatのインストールを終了します。

環境設定

  1. マイコンピューターを右クリックします。
  2. プロパティをクリックします。
  3. 詳細設定タブをクリックします。
  4. 環境変数をクリックします。
  5. 環境変数画面が開いたらユーザー環境変数(上)の「新規」をクリックします。
  6. 以下の変数名と値を入力します。
    変数名 変数値
    CATALINA_HOME C:/Program Files/Apache Software Foundation/Tomcat 5.5
    CLASSPATH ;%CATALINA_HOME%/common/lib/jsp-api.jar
    ;%CATALINA_HOME%/common/lib/servlet-api.jar

注意:インストール場所を変更した場合、CAKALINA_HOME は変更先を指定する。 注意:環境変数が複数ある場合は 「;」 を使い、「.;%JAVA_HOME%/lib/tool.jar;%CATALINA_HOME%/common/lib/jsp-api.jar」のように記述する。

準備

  1. %CATALINA_HOME%/bin/ (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\bin)以下にある「tomcat5.exe」のショートカットを作成し、デスクトップへ移動してください。
  2. スタートメニューから「Apache Tomcat5.5」→「Configure Tomcat」をクリック。
  3. 「General」タブの「Startup type」が「Manual」になっていることを確認する。+
  4. %CATALINA_HOME%/webapps/jsp-examples/ (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\webapps/jsp-examples)の中にある「source.jsp」ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「全般」タブの「変更」から「Notepad」を選択してください。(要するに.jspファイルをNotepadに関連付けすればいいわけです)
  5. %CATALINA_HOME%/conf/ C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\conf)以下のweb.xmlを開き80行目の<param-value> false </param-value>を true に変更してください。

起動・停止

  • 起動:先ほど作成した「Tomcat5.exe」のショートカットをダブルクリック。
  • 停止:起動時に表示されるコマンドプロンプトを閉じる。

※上記以外に「Configure Tomcat」から起動・停止を行うことも可能。

Tomcat-Manager

  1. Tomcatを起動した状態でhttp://localhost:8080/にアクセス
  2. 左上のメニューから「Tomcat Manager」をクリックします。
  3. インストール時に設定したユーザ名とパスワードを入力します。
  4. 画面が切り替わって「Tomcat Webアプリケーションマネージャ」という文字がTOPに書かれているページに変わります。
  5. 開いたページはほっといて%CATALINA_HOME%/conf/ (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\conf)以下のtomcat-users.xmlを開きます。
  6. <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>の部分を以下のように変更します。
    <user username="任意のユーザ名" password="任意のパスワード" roles="tomcat,manager"/>
    
  7. 変更後、「Tomcat Manager」にアクセスする際は、上で設定したユーザ名とパスワードを使用してください。

基本構成

  1. %CATALINA_HOME%/webapps/ (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\webapps)以下に任意のディレクトリ(アプリケーション名)を作成。
  2. 作成したプロジェクトディレクトリ以下を構成。
           ********************
          ***ディレクトリ構成***
          ********************
    任意のディレクトリ(アプリケーション名)
       |
       +---WEB-INF
             |
             +---src
             |    |
             |    +---サーブレットファイル(~.java)
             |
             +---classes
             |    |
             |    +---サーブレットファイル(~.class)
             |
             +---lib
             |    |
             |    +---パッケージ(~.jar)
             |
        jspファイル(~.jsp)
    
    • srcディレクトリにclassesディレクトリのショートカットを作成しておくと便利です。

コンテキスト

  1. %CATALINA_HOME%/conf/Catalina/localhost/ (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\conf\Catalina\localhost)以下に「アプリケーション.xml」を作成。
  2. 作成したファイルを開き、下記のように設定します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <Context path="/アプリケーション名" docBase="アプリケーション名" 
             crossContext="true" reloadable="true" debug="1">
    </Context>
    

web.xml

  1. %CATALINA_HOME%/webapps/WEB-INF (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\webapps\にWEB-INFフォルダを作る) 以下にweb.xmlを作成し、以下を記述します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
        xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee
    http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
        version="2.4">
    
    	<servlet>
    		<servlet-name>サーブレットファイル名</servlet-name>
    		<servlet-class>パッケージ.サーブレットファイル名</servlet-class>
    	</servlet>
    	<servlet-mapping>
    		<servlet-name>サーブレットファイル名</servlet-name>
    		<url-pattern>/servlet/サーブレットファイル名</url-pattern>
    	</servlet-mapping>
    </web-app>
    

動作確認

  1. %CATALINA_HOME%/webapps/ (C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\webapps)以下に Sample ディレクトリを作成します。
  2. web.xmlファイルを作成し、以下を記述してください。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <web-app xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
        xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee
    http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd"
        version="2.4">
    
    	<servlet>
    		<servlet-name>SampleServlet</servlet-name>
    		<servlet-class>SampleServlet</servlet-class>
    	</servlet>
    	<servlet-mapping>
    		<servlet-name>SampleServlet</servlet-name>
    		<url-pattern>/servlet/SampleServlet</url-pattern>
    	</servlet-mapping>
    </web-app>
    
  3. 下記のファイルをダウンロードしてください。
  4. ダウンロードしたファイルを下の基本構成通りに配置してください。
           ********************
          ***ディレクトリ構成***
          ********************
       Sample
         |
         +---WEB-INF
              |
              +---src
              |    |
              |    +---SampleServlet.java
              |
              +---classes
              |    |
              |    +---SampleServlet.class
              |
              +---lib
              |    
              +---web.xml
              |
           sample.jsp
    
  5. コマンドプロンプトを開いてSampleServlet.javaをコンパイルしてください。
    • CLASSPATHが正しくないとコンパイルできないので注意してください。
  6. Tomcatを起動して http://localhost:8080/Sample/servlet/SampleServlet にアクセスしてください。

これでTomcatのインストールは終了です。



更新履歴

取得中です。