|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

あ行

・青山直晃


「月刊エスパルスTV」で、練習場の近くである三保のイタリアンレストラン「マッシモ」で
食事しながらのトーク。お店の人がお好きなパンをどうぞと持ってきてくれた。
パンは4種類あってひととおり説明してもらい、どれにしようか迷っているうちパンの
種類を忘れてしまう。2度聞くが、結局区別できず。

 

HGのりのりコス

 

ヘディングしすぎたせいか物忘れが激しく、「寝ればいい」と言われ脳細胞再生のため寝てみたが、破壊のスピードに再生が追い付かず、親には「ヘディングするな」と本気で心配される。
DJには「人間としてヤバイw」と言われる。

 

「好きな選手は?」
青山「イタリアのカテナチオ選手です」

どうやらイタリアのカテナチオは凄いという話をどこかで聞いて
カテナチオを選手名だと思っていた様子。

ちなみに2006年末発売のフットボールニッポンサッカー日本代表名鑑より
目標とする選手:ジョン・テリー
その理由:同じ背番号(26)だから
なお、2009年からは背番号を退団した前キャプテン・山西の3に変えた。テリーにあこがれて背番号26にしたわけではないのかもしれない。

「第一インチウ」

 

「朝食、食、夕食」

 

ファンサの際、色紙に「エスパルス」と入れてください!とお願いされて「S-PALUS」と書いた。

 

プロサッカー選手でDFなのにも関わらず、試合中にボーっとしてしまう。
なので、デビュー当初は当時のキャプテンの山西と一番近くにいるキーパーの西部にマークされている。

例:2006年J1:第21節 清水vs京都の試合終了後の各選手コメント 
●西部 洋平選手(清水):
Q:そのへんの集中力の保ち方は?
「僕は声を出すこと。DFにもそうだし、つねに声を出すことで、ゲームにも入ることができる。(内容は)ほとんどコーチングで、リスクマネージメントのコーチングだったりとか、ボケてる選手を怒鳴ったりということもあるし(笑)」

(注)ボケてる選手=青山

 

スパサカで梅崎司がサッカーノートをつけていると紹介されたのを観て、影響され自分もつけ始める。が、漢字がわからないのが嫌で1ヶ月もたずに飽きて止める。

 

・阿部哲也

 

札幌フロントと年俸交渉の時、何か要求があればと聞かれ「お腹いっぱいご飯が食べたい」みたいな事を発言。

 

以前、ブラジル流の誕生日祝いをされて小麦粉&卵まみれになった選手を見て
「うまそう・・・」と呟いた。

 

・阿部勇樹

 

「~を糧にして」という言葉を、「~をにして」と普通に読んでいた。

 

以前、千葉でのチームメートである坂本や茶野(磐田)と対談にて「中学生の頃、国語と算数を勉強しに塾に行ってた」と発言。
同じく馬鹿と言われている佐藤勇人(京都)にすら、「阿部ちゃんは、学業は中学校からやり直した方がいい」と忠告されていたことがある。

 

ちゃんと筑波大を出た羽生直剛(FC東京)の証言

・阿部と勇人と僕の3人で会話してると、言葉のキャッチボールが出来なくて話にならない。

・阿部は漢字が出てくると、自信がないからか語尾を上げて読んでいる。

 

ちなみに、インタビューとかでもちょっと文が長くなると文法が怪しい。なお、敬語も怪しい。

 

Jリーグ28で坂本が「俺は阿部に『豆』呼ばわりされてる」と不満を漏らしてた時、阿部がその理由について「それは~こう、キュンキュンって行って、ガタイが強いって事だよ」って言う意味不明な説明を真顔でする。当然坂本は呆れ返っていた。

 

デビュー当時「プロとして気をつけていることは?」ときかれて、しばらく考えてから「甘いものは食べません!」と自信ありげに答えた。なお、そう言いながらファンから貰ったミスドのドーナツを駐車場で速攻パクついてた事がある。

 

ちょっとしたことでもすぐ泣いてしまうらしく、監督が毎年のように変わっていたジェフ時代は「チームで監督が代わる度に泣いていた」とまで言われていた。

そのため、トルシエにビンタされた時、その話聞いたジェフの関係者が「阿部は泣いてませんでした?」って本気で心配していたとか、「阿部がまた泣いたよ」「また?今度はなんで?」とチームスタッフの間で話題になっていたとか。




チームメイトの坂本の誕生日プレゼントとしてラーメンマンと小泉首相のぬいぐるみをあげたらしい。

 

ジェフのファン感で「暖かい」を「あたたたたかい」と言った。

 

中1の頃歯を折って、給食のうどんが隙間から出てくるのがショックで登校拒否になりかけたらしい。
本人曰く「だって差し歯なんてあると思わないじゃないですかー。一生うどんが出てくるよぉって思って」

 

Jsゴールでのインタビュー。
「トルコキャンプに行きたかったですか?」という質問に
「とりあえず、トルコアイスが食べたかったです。あののびーるやつ」と答えてた。

 

ファン感でジェットスフィーンって言う踊り子の姉ちゃん達に混じってボンボン持って、ノリノリにチアダンスに参加してた。
(ちなみに一緒に参加してた坂本は、阿部キャプテンにボンボン渡されるも羞恥からか使用せず)

 

写真撮影が苦手で10回に8回は瞬きするらしい。本人もファンに「あの、俺ーすっごい瞬き多いんすよぉ。だから『撮るよ』って言ってくれたら頑張って目ぇ開けてるんでー」と言う。実際その通り「撮りますよ」と声をかけたら、一生懸命目を見開いてくれてたらしい。

 

ジェフ時代のサイン会のときは、必ず後ろに漢字を教える係の人がついていた。浦和移籍後、練習後のファンサービスの席には係の人がおらず「小学生の小ってどんな字だっけ?」と発言し、レッズファン達を焦らせる。


ちびっ子に混じって真顔でNintendoDSに興じる姿がジェフの有料おひさるに掲載される。ちなみにマリオカートで遊んでいたらしい。

 

オールスターで子供と入場。各チームの旗の前に並ぶ決まりだった(?)のに、変な方に行こうとして子供に注意されていた

 

高校時代、人見知りでクラスで3人としか会話した事ないとインタビューで発言。しかもその3人が、クラスで一番うるさかったらしい。

 

坂本:「ここのところ勝てないですが、ジェフらしいサッカーをすれば
きっとお客さんもたくさん来てくれると思うので、がんばります」
阿部:「GWの忙しい中、来ていただいてありがとうございました……………………」
突然言葉を失い、長い時間固まる阿部選手。
阿部:「……………飛んでいっちゃいました。ちゃんと言うこと考えていたんですけど」
司会:「じゃあ、最後にまたお願いするので、戻ってきてくださいね」(場内笑)

 

PKのときキーパーめがけて蹴っている。

 

ジェフ恒例の抜き打ち漢字テストで毎回一位が巻。二位が坂本。万年最下位は阿部。

 

「オシム監督の発言は難しいから、意味がよく分からなかったりするんですよ~」

 

オシムはどんな人か聞かれて→「大きな人」

 

斎藤大輔に「阿部と話してると、『コイツ、ネジが一本飛んでるな』って感じる」と言われた。

 

代表とかの長期遠征が苦手らしく、1日目から「帰りたい~」「もう駄目~」を連発してると、以前石川ナオに暴露されていた。トルシエ代表時代は合宿が終わるのを指折り数えていたという記事も見たことがある。

 

東京とジェフの練習試合終了後、阿部キャプテンはカートの荷台に乗って帰って行き、ファンサゾーンに待ち構えてたみんなに愛想をふりまいてた。

 

お菓子食べながら出てきて、声かけてきた人全員に「お菓子食べる?」ってチョコ渡してたらしい。

 

オシム監督と話そうとして英語(注:オシム監督はボスニア語(セルビア語やクロアチア語)、ドイツ語のほか英語も一応喋れる)の辞書を持っていった。

 

アジアカップ2007予選の中東遠征中の6日が25歳の誕生日で、帰国した際にJALからプレゼントを贈られた。「うさぎのぬいぐるみをもらいました」とうれしそうで、成田到着後も肩に乗せて歩いていた。
(しかも後に、実は犬のぬいぐるみだったことが判明。)

 

代表戦(2006.10/4のガーナ戦)のときに実況に「オシムジャパンの頭脳」と言われてしまう。

 

昔、どこかのサイトの管理人が練習見に行って、キャプテンに「今日撮った写真をサイトに載せてもいいですか?」と聞いたところ、キャプテンは「やらしい写真じゃなければいいですよ!」と笑顔で快諾した、という話があった。

 

REDSのスペルは知らない。3文字(例:JEFとかABE)が限界らしい。Leicester(レスター)はおそらく守備範囲外。

 

レッズのファン感で「ACLで一番戦ってみたい国は?」と聞かれて、インドネシアと言いたかったようだが、インドネシアを知らなかったのか、うろ覚えで発言してしまい、最初に「インド?」次に「ネシア?」最終的には「インドシア?」と発言。集まっていた4万人のレッズサポをざわつかせていた。

 

浦和パルコで行われたトークショーで副キャプテンとして何をしていたのかと聞かれ「何も。」と即答。ちなみに「なんか啓太大変そうだな・・・。って見てた」そうだ。

 

 

・犬塚友輔

 

入団会見で、犬塚の前に喋っていたファブリシオのモノマネをしていた。
動画:http://www.jubilo-iwata.co.jp/news_mt/2006/02/2006_2.php



 

ジュビロユースの同期生で親友の太田吉彰とは、それ以前の小学校と中学1年のときにも一緒に練習していた。
中2のときの1年間は会っておらず、中3で久しぶりに会ったとき、
太田「お~ワンちゃん久しぶり~!!」
犬塚「えぇ・・・ゴメン誰だっけ」
太田「えぇー!!??( ゚д゚)」
太田の暴露動画:http://www.youtube.com/watch?v=8Q1wKAeYyLk

 

ジュビロの応援番組にてトナカイコスして、武藤マネージャー(現広報)に鞭打たれるワンコ
http://www.youtube.com/watch?v=sgdwsNts95c

 

ジュビロのラジオ番組にて、わかるようなわからないような発言でリスナーを煙に巻く。
太田「ビジュアルは気をつけていない、気をつけていたらあんな気持ち悪い顔して走ってない」
「でも髪は気をつけてる、美容師に薦められたシャンプーとリンスで12,000円もかけている」
犬塚「逆に俺は髪の毛にストレスをやって、本能がそれに負けないように自力でさらに強い毛根をつくる、その超回復力をめざしているから、おれはそんなもんいらない」

 

ファン感謝デーで自分の飲んでたミネラルウォーターがいやらしいエリアにこぼれてるのを指摘された際、セクシーポーズで誤魔化そうとして余計目立つ。

 

・枝村匠馬

 

青山同様、サインに「S-PALSE」と書いた。

 

「優勝」の優の字を間違える。
百の横棒が一本多く、さらに「心」が抜けていたため
「心の無い優勝」と一部で言われる羽目に。

 

・大久保嘉人

 

チャリティーオークションにランニングシューズと練習着を出品した際に、ポラロイドに「代表で使用したランニグンーズです」と書いた。

 

イエローカードを出した主審に向かって「金もらってんだろ!」発言。

 

ひょっとしたら自分が出ていたかもしれないのにも関わらず、ワールドカップブラジル戦はテレビで見てる途中で寝てしまったらしい。玉田がゴールした所までは覚えているが、起きたら1-4で負けていたとか。

 

スペイン・マジョルカ移籍後、家族と離れ離れになり、電話口での会話。

嘉人「子供はどうしてる?」

嫁「元気だよ!」

嘉人「宇宙食はまだ?」

離乳食と宇宙食を間違える。

 

イメージからは意外であるが、幽霊系番組が嫌い。ひとりでは観られない。

 

マジョルカ移籍前の、NHKのスポーツ番組に生出演したとき、照明の明かりが暑かったのか緊張したのか、顔から滝のように汗が出ていてアナウンサーに「汗ふかなくて大丈夫ですか?!」と心配されていた。

 

セレッソ時代、スーパーサッカーの取材で白石美帆がセレッソの合宿に潜入取材した時、彼のヴィトンのバッグから雑誌・BUBKAが発見され焦る。

 

絵は異常に下手。2008年神戸のファン感で「選手お絵かき王決定戦」 に出場、ピカチュウ、次元、(ヴィッセルのマスコット)モーヴィの3つを書いたがあまりの下手さに撃沈。ただ息子のおかげで、アンパンマンだけはうまく書けるようになったという。

 

代表合宿の勉強会後の取材にて 

寿人「昨日のミーティングでローパワーをどうするのか聞きました。FWはハイパワーを使うんですが、サッカーは長い距離を走らないとダメなので。ローパワーを使うことで、ハイパワーを残すことができる。」

香川 「(グリコーゲンと脂肪の燃焼については)難しかったです。ただ、もっとそういう事について勉強したいと思いました。ためになりました。ジョギングすることで変わると言うことです。自分はジョギングは必要ないと思っていたんですが、ローパワーの力が付くという事で見方が変わりました」

嘉人 「(ミーティングの話は)あまり覚えていないです。オレは本当に覚えてないです。アイツ(香川)に聞いた方がいいと思いますよ」

 

・岡崎慎司

 

2005年、すなわち入団1年目のサポーターズサンクスデーにて。

シーズン開幕前に行われるため、ルーキーにとってはこの場が実質的にサポへの初お披露目の場になるわけだが、 そこでいきなり「タバコの吸殻を見つけたブルース・リー」の物真似をして会場を爆笑の渦に。そして肝心の自己紹介を忘れてしまう

 

 

・岡野雅行

 

日本代表のミーティングでいつも岡田監督の言ってる事がまるで分からなくて、早大卒の相馬にバカでも分かるように丁寧に教えてもらっていた。

 

相馬「岡田さんは『宇宙は数億年、それから見れば……』といった話しをしてました」
森島「岡田さんは『宇宙はナントカ』って言ってました」
岡野「岡田さんはなんか言ってました」

 

神社の『ケイダイ』が漢字で書けない
という話のすぐ後に『境内』はなんて読む?と聞かれて『セツナイ』と答える

 

『訃報』が読めない。意味もわからない

 

念願のリーグ初優勝を決めた日のテレビ出演で、今後の抱負を聞かれ、「今日は飲むぞー!」と言った。

 

遠征先で若手に「おい、タンカヤキとお酒買ってきてくれ」と頼み、都築に「岡野さん、それすみび(炭火)焼きです」と冷静に突っ込まれた

 

・小川佳純

 

Jリーグアウォーズでの新人王受賞時でのコメントにて

自クラブの名前を間違え「名古屋グランパス”エイト”」と言った

(しかし呼称から”エイト”が取られただけで、正式名称はグランパス”エイト”がついたままなのであながち間違ってはいない)

 

 

・鬼木達

 

誕生日のファンがサインをもらおうと思い「HAPPYBIRTHDAYって書いてください」と頼んだら固まってしまったので「カタカナでいいですよ」と言ったのに「ピ?ってどう書くんだっけ?」となっていた

 

当時所属していた鹿チームで、選手がカレーを作る企画があった。しかし鬼木は分量の計算ができなかった。

 

大学進学を希望していたけれど、布監督に「お前はバカなんだから、大学に行けると思ってるのか!」といわれた。ちなみに鬼木の実兄は東大卒。

 

川崎のファン感で、大張り切りで焼きそばを作る。
しかし、カスの受け皿として発砲スチロールを使っていた為鉄板の熱で受け皿が溶け出し「うわー!どんどん短くなって行く!こぇぇぇ」とあわてる