※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

553 名前: 5/5 [sage] 投稿日: 2006/10/06(金) 02:33:54 ID:m2XKfEiZ0
ちと、話は逸れるが最近こんな体験した。
今、大学の2回生で、今年の夏休みの話なんだけど。
大学生って夏休み無駄に長いんだよ、無論彼女もいないし・・・
だから日に日柄こうやって2chやってるか、ピンサロの
ティッシュ配りやってるかの日々だったわけ。
で、バイト代もそこそこ入ったから8月の15日から田舎に帰ったのよ。
俺の田舎はK県の屋○島ってとこなんだけどね。
も~、そりゃあ田舎、想像を絶する田舎、最初は数年ぶりの帰郷だったからワクワクだったけどね
空港着いて5分もしたら後悔の嵐だったのよ。羽田からの往復の交通費10万弱よ、下手したら海外行ける値段よ。
しゃ~ないし即タクシー拾って爺様の家に行きましたよ。
昔からな~んも変わんない激しく古い家でね~、火付けたら10分ももたないんじゃないかってぐらい。
まあ、家のまん前にドコモの電波塔が立ってたことにはちょっと驚いたね。
俺が到着するなり、爺様婆様猛烈な歓迎ぶり。
その日はそのまま親戚一同での飲めや歌えの大宴会。寝た時間は(25時丁度くらい)
で、翌日、朝の6時に婆様にたたき起こされましたよ。
何かと思えば、爺は足が痛い婆は腰が痛い故に孫は代わりに隣の蔵の掃除をして欲しいと。
確かに家の御母屋の隣には多少立派な蔵があって
2日目からこれかよ、とも思ったけど何か値打ちのある骨董品でてこね~かな?などという邪心が出ましてね
えっちらおっちら掃除を開始しましたよ。

554 名前: 4/5 [sage] 投稿日: 2006/10/06(金) 02:37:35 ID:m2XKfEiZ0
蔵の中は所狭しと物が積まれて期待とは裏腹に出てくるのは古い布団やら服やら・・・
それらを蔵の外に放り投げる作業の繰り返し。
で、時間も11時に差し掛かったころにはずいぶんスッキリしてきた。
そこで気になったことが一つ、今まではガラクタに埋もれててわかんなかったけど
、蔵のほぼ中央に古いけど立派な桐のタンスが置いてあったのよ。
見つけたとたんに俺は飛びついて開けたさ、なんか金目のものね~かって。
・・・・うん、空だった。中には何にも入ってなかった。
そうなるとこのタンスは最早邪魔者でしかない。蔵の中央に置いてあるだけに他の物を出すときに邪魔くさい。
幸い中は空なので本気を出せば持ち上げられる・・・・わけもない。
都会で育った貧弱な奴には到底歯が立たない代物だったのよ。
でも、バイオハザードで箱押すときみたいに側面に肩あててグッて押したらちょっとずつ動いていったのよ。
うっしゃ!このまま隅まで押してやる!って気張ったとこで婆様が昼飯できたからって、呼びにきた。
タンスはそのままに昼飯を食いに戻る。
時間は(12時15分)俺はいいともを見ながらこの昼飯を食べていた。
で、(13)時から作業再開、戻って俺はタンス排除を続けた。
ズリズリ押して5分くらいかけてやっと動かし終えたのよ。
フッとタンスのあった場所見ると他は土の床なのにそこだけ木の板が張ってあった。
よくよく見るとそれは板じゃなくて蓋って感じ。

555 名前: 3/5 [sage] 投稿日: 2006/10/06(金) 02:41:54 ID:m2XKfEiZ0
俺は震えたね、興奮そのままにその蓋をバリバリはがしに掛かったわけ。
無論、金目の物入ってんじゃないかと思って。
一見して古い物だとわかる蓋だったけどなかなかに頑丈で、かなり時間をかけて剥がしたわけ。
で、更に興奮、出てきたのは蓋と同じような木の板でできた階段だったから。
気になったけど流石に一人で降りていく勇気はないので出かけている爺様の帰りを待つことにした。
それからしばらくして帰ってきた爺様にその地下室の話をする
、爺様もそんなもんあることさえ知らんかったみたい。
早速、爺様と一緒に地下探索の準備。このジジイ、足が痛いはずなのにやけにやる気満々だった。
ここで、俺はこの感動を伝えるために友達にメールを送る、時間は(15時)。
同時に俺と爺様は地下へと入って行った。
板の階段が崩れないようにとか爺さんこけないようにとかイロイロと気を使いながら階段を下りていったさ、
幅は狭い階段で高さもそんなになかったからね。降り始めてから5メートルくらいで階段終わって底についた。
真っ暗なもんだから爺様が準備してきた懐中電灯に明かりをともす。
そこには3畳ほどの小さな部屋。
な~んもない、ほんとただの空間って感じ。爺様が懐中電灯で照らすと、部屋の隅に何か置いてある。
俺は多少警戒しながらジーっとみつめた。

556 名前: 2/5 [sage] 投稿日: 2006/10/06(金) 02:46:15 ID:m2XKfEiZ0
そこには  14インチの日立製のブラウン管テレビ  と  PS2  が置いてあった。
俺は、ハア?爺様にいたっては、何?これ?
もう訳が解らなかった。その蔵は爺様が生まれる前からあって、今朝までの数十年間誰も入ったことないはずなのに
なんでそんなもんがあるのか? 
大体、電気ね~のにどうやってテレビ&PS2動かすのか?とか、そう思った瞬間背なかに嫌~な汗かいてね~。
とりあえずそこから出たかったから、そのPS2だけ抱えて地下室を出たのよ、さすがにテレビは無理だった。
地上に戻って落ち着いてからPS2を調べてみる。
SCPH-30000 そこまで古い型じゃない、コントローラー、メモリーカードも付いてる。
中になんかディスクは入ってるかもしれんと思って母屋のほうのテレビで起動させてみたけど
やっぱり壊れてるらしくて全然動かん。
ダメかと思ってたところであるものが目に入る、 メモリーカード  これならいけるかもしれん!
俺は早速、近所に住んでる従兄弟のところに行きましたよ。

557 名前: 1/5 [sage] 投稿日: 2006/10/06(金) 03:00:07 ID:m2XKfEiZ0
従兄弟はまだ高1で、いくら田舎だろうとPS2くらいあるだろう。
予想通り従兄弟は持っていた、しかも薄型・・・生意気である。
俺は説明もそこそこに半ば強引にPS2を奪取。
家に戻るとドキドキしながらスロット1にメモリーカードを差し込んだ。
電源を入れブラウザを選択、・・・Memory Card(PS2)/1
メモリーカードは生きていた!
さらにデータを見る、いくつかのゲームのタイトルが並んどる。
 シャドウオブメモリーズ
 THE免許取得シュミレーション
 シャドウハーツ
 片神名
 龍が如く
以上の5タイトルのデータ、で、それぞれ△ボタンの詳細設定ってやつで見ていったさ。

シャドウオブメモリーズ・・・更新日時 2006/08/15  22:31:09
 THE免許取得シュミレーション・・・更新日時 2006/08/16  01:51:31
 シャドウハーツ・・・更新日時 2006/08/16  09:11:43
 片神名・・・更新日時 2006/08/16  12:21:16
 龍が如く・・・更新日 2006/08/16  14:53:55

563 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/06(金) 21:34:13 ID:m2XKfEiZ0

その蔵は爺様の親父さんが建てたものらしくて、タンスは爺様のお袋
さんの嫁入り道具だったらしい。
爺様が子供のころは母屋で使ってたらしいけど、いつの間にか蔵にいれられてたんだとさ。
それから動かしてないらしいから少なくとも50年は動かしてなかったはず。
仮に誰かがあそこに入ってPS2をやっていたとしても謎、電源取る場所もないし、
コントローラーなんか埃で真っ白だった。
ちなみにその地下室は今は婆様の梅干漬けたり漬物漬けたりのスペースになってる。

566 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/07(土) 01:09:39 ID:r8Oyj8rD0
ちなみにメモカは家におきっぱで従兄弟の家に行ったから間違ったって事は
ないと思う。
明日にでもゲーム屋いってきてそのゲーム買ってきてみるかね。


569 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/07(土) 21:52:35 ID:r8Oyj8rD0
うん、買えなかった。お金ないってこんなに辛いことなのねw
壊れたPS2横浜まで運ぶほど荷物余裕なかったから本体はないけど
メモカはあるよ。
うpも大丈夫だけど、あれって本体設定で時間動かしたりできるから
証拠としては乏しくね・・・
まあ、それでもいいと言ってくれるならうpしまっせ。
あと、>>568 非常に申し訳ないけど、うpの仕方おしえてくれません?
画像うpしたことないヘタレなもんで・・・

580 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/09(月) 16:14:34 ID:KjcbPuqO0
ためしに一つ、これでどうだ?
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323493.jpg
581 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/09(月) 16:17:38 ID:KjcbPuqO0
なぜかデジカメのほうpできなかったんで携帯でかんべんしてくれ。
582 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/10/09(月) 16:27:10 ID:VtJGM1420
KOEEEEEEEEEEEE
583 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/09(月) 16:29:58 ID:KjcbPuqO0
んじゃ、残りも
http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323506.jpg

http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323507.jpg

http://up2.viploader.net/pic/src/viploader323511.jpg

あと、シャドウオブメモリーズのデータはこの間自分で削除しちゃった
からうp不可、すまん。

590 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/10(火) 01:41:08 ID:7YxgjqHM0
>>584爺様帰ってくるまでも掃除続けてたから、俺と婆様以外はいってないな。

>>585怖いこと言わんでくれww何年製だったかはわからんがモノラルだったww

>>589悲しいけど夏休みって終わってしまうものなのよ・・・ 

597 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/10(火) 17:30:33 ID:7YxgjqHM0
>>591-592 乙!

>>593 もしそうなったら50年後のお前宛に手紙でも書くよwwww
ちなみに5/5から書いたのは、一回下書きして5つに分けて1つ目投下した
ところで俺がミスに気付く→メンドクセ、もうこのままでいいやww

>>596 つけてね~からカラーかはわからんが恐らくカラー、俺が言いたかったのは
後者。

599 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/10/10(火) 23:25:18 ID:m+qz4E8G0
藤子不二雄短編集の「ノスタル爺」みたいな現象でもあったのかなぁ。
主人公がダムに沈んでしまった故郷へ30年ぶりに帰ってきたら、
そこには沈んでしまったはずの故郷が昔そのままに存在していた。
じつはそこは過去の世界だったのだ。
主人公はどういうわけか時代を遡って帰郷してしまったのである。
という話。

610 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 01:10:44 ID:R6FJwVnH0
うわ、過疎ひで~なww
暇だからも一つ、スレタイからはちょと脱線するが
開かずの間っつーか、開かずの箱について。
じいさまの家はかなり山の中でな~、裏口でて3分も歩けば森なわけよ。
本当に獣道って感じの道がつらつら続いてるのね。
田舎だしやることもないから散歩にいくのよ。
もうね、太陽サンサンの昼間だってのに暗いんだよ。
しかしね、20を目前にした男の子がこんなことで負けちゃいけませんよ。
何か伝奇もののエロゲにありそうなシチュエーションだったし、いらん妄想膨らしながら軽く山登りしてたのよ。
で、しばらく歩くと不意に視界が開けたのよ、あったのは民家、いや、何の変哲もない民家
お父さん30年ローンでがんばって建てたみたいな感じの現代風の家。
庭先に洗濯物とかほしてあるから人も住んでるんだと思う、
で、その家の隣にちっさい神社て~か祠チックなもんが建ってるわけ
前にはしっかり賽銭箱とか置いちゃって、きっとその家の人間が管理してるんだろうけど
こんなとこに置いて賽銭いれるやついるかな~と思ったわけ。
611 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 01:12:33 ID:JFA+Zcv80
wktk
612 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 02:31:50 ID:R6FJwVnH0
祠の中覗いてみると中に鏡が置いてあった。ありがちでツマンネとか不謹慎なことかんがえてたのよ。
なんか妙なもの出てきて、更に神秘的な美少女出てきてktkr!な展開を期待してたり・・・
邪気眼レベルの妄想してニヤニヤしながらまわりきょろきょろしてたさw
うろうろしてたら祠の後ろに30センチ四方くらいの箱が置いてあった。
何か金属でできてるみたいで錆だらけで薄汚ね~箱だった、なかなか重かったけど
持ち上げて振ってみたら中からガンガンおとがするのね。
でもね、この箱開け口ってか蓋がね~のよ。
完璧に溶接されてる感じ。
でもほら、溶接とかしてたらつなぎ目がこれ見よがしに溶接の後があるじゃない?
それがまったくない。
まあ、気になるわな。
床に何度か叩き付けたり石で打ちつけたりしたんだけどビクともしませんわ。
そんなんしてたら隣の家からおっさんがすんげ~顔で怒鳴りながら出てきた。
いや、必死で逃げたわ。いい年して全力疾走ですよ。

613 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 03:14:08 ID:R6FJwVnH0
勿論、重い箱なんか邪魔でしかないからその場に放置してきたさ。
しばらく走ったらさすがにおっさんも追ってこなかった、それでも走りに走って
あっという間に爺様の家に帰還しましたとさ。
家に帰って晩飯も食った後それとな~く爺様に聞いてみたけど
お歳のせいかさっぱりそんな家できたことも知らんらしい。
で、次の日に件の蔵の掃除をしたわけだ。
で、田舎から帰る前日になって、また散歩に出た。
この前の家を探そうとおもって裏口から出てしばらく歩いたけど、家がなぜか見つからない
この前は10分も歩いたら着いたんだけど今回はいくら探しても見つからない。
1時間ほど探し回って流石に疲れてきたころにまた視界が開けた。
今度は家はなかった。でも、この前の祠はそこにあったのよ。
俺もこれはヤバイと思ったね。家消えた!これはオカルト!やっぱこうなると
怖いわけよ、今まで何ともなかったのに暗い道怖くなったり森怖くなったり。
なんじゃこりゃ!と思った瞬間違和感に気がついた。
これ、この前の祠じゃないって。
賽銭箱とかないし、形も何処となく違うし。

614 名前: 553 [sage] 投稿日: 2006/10/18(水) 03:28:31 ID:R6FJwVnH0
まあ、それが判ると一安心ですよ。
さっきまでのビビリッぷり誤魔化すためになんか一人で強がった独り言
言ったりして。
で、祠の中を覗く。
ビックリした・・・中にはこの前俺が見つけた箱が置いてあった。
俺が石で殴った痕が付いてたから間違いない。
と、まあ、それだけの話。
なんであの時の箱があそこにあったのかはわからん。
あのおっさんが移したのかもしれんが、それだけにあの箱の中身が気になる。

うわ、かなりオチのないつまらん話になってしまった。
すまんwwwwwま、現実なんてこんなもんだしwwww